SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

a day in the life

宮崎市の洋食店、グリル爛漫スタッフ&関係者?の雑記blog
泣ける・・・(号泣)
0
    もうすでに話題になってますが
    鉄拳のパラパラマンガ「振り子」がやばい・・・Docomo_kao19

    イギリスのバンドMUSEのプロモーションビデオにも採用されたらしいですね。
    まだ見てない方は是非。これ書く前に見たらまた泣いてしもーた泣
    つるかめ助産院見ても涙我慢できましたが、これは無理っす。ボロ泣きしますた。

    鉄拳パラパラマンガ「振り子」 オリジナルバージョン


    JUGEMテーマ:日記・一般


    | ニュース | 23:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    潔さ
    0
      自分の高座に納得いかずに
      今年初めに現役引退を表明した圓楽師匠。

      不運な怪我を経験しながらも、マイナーから這い上がった
      桑田真澄投手。

      辞める潔さも、続ける潔さもあると思います。

      まあ
      人の事偉そうに言える程 公明正大な人間じゃあないんですが
      最近の政治家のセンセイ方を見ていると
      「潔さって何」って思わされます。

      やっぱりオイシイのかなあ、政治家のセンセイって。
      いいなあ。
      おいらも甘い汁すってみたいな〜。
      どんな味がするのやら。


      | ニュース | 02:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      やっぱ黒電話っしょ。
      0


        大臣任命も携帯に連絡が来る時代。
        フツーに間違い電話が来てもおかしくないでしょ?
        「あの安部ですけど・・・例の件で」 な〜んて。

        大臣任命と言われるとこんな光景を思い浮かべる・・・
        (以下空想&理想)

        俺は全然興味ないもんね目線で黒電話をチラ見しつつ
        待ちくたびれて出前の醤油ラーメンかなんかをすすってる時に
        「ジリリリリ〜ン!」 びっくり
        と黒電話特有の必要以上にデカイ呼び鈴がなり
        ”ププゥッ!”と読んでいた夕刊フジにオツユを吹き出し、
        鼻から麺をチョビットのぞかせながら
        直立不動で受話器を取る・・・・・
        なんてイメージはもう古いですか?こりゃカクエーさん時代の話かな。
        それと
        論功行賞 は今年の流行語大賞ノミネーッツ、だな。
        | ニュース | 00:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        信じること
        0
          ここ数日
          柄にもなく平和について考えていました。
          もちろん9.11という日付けがそうさせているのは間違いありません。
          改めて、飛行機の突入・タワー崩壊を映像で目の当たりにすると
          息ができなくなるような感覚に陥りました。
          そして対テロ戦争としてアフガン・イラクでも数多くの命が失われました。
          悲しい事に、それは今現在も続いています。
          ただ憎しみだけは、しっかりと連鎖しました。

          そんな現実を前に出るのはため息。
          今までどれだけの反戦歌があったって、戦争は続いてるじゃないか、
          世界中でこれだけチャリティーが溢れているのに、
          飢餓で死ぬ子供がいなくならないように。
          それは先進国、富める国の”同情”というアリバイ作りじゃないか?
          なんて懐疑的に思ったりもしました。
          いっそ再びノアの箱舟伝説の大洪水でも起こって、
          憎しみの連鎖・人間の営み・国境・宗教etc・・・
          いっさいがっさい洗い流して、リセットされるってこと位しか
          残された解決策ってないんじゃないかって・・・。
          そんな中
          ふと何かに吸い寄せられるように
          オノ・ヨーコさんの”ジョン・レノンに捧げるピース・イベント”という
          ページに行き当たりました。
          なんか少しだけ霞みが晴れるような気持ちになりました、単純な私。

          文章を読み終えて思いました。
          ”信じる”ということに対して呆れる程 深く信じている。ノーガード。
          子供を守る親の背中が、なりふり構わぬ姿がとてつもなく美しいように。
          これだって先進国のアリバイ作りじゃん、って言われればそうかもしれない。
          だけどそんな人をも取り込む包容力があるような気がしました、
          「まあまあ コッチ来なさいよ」みたいな。
          毎日毎日、笑顔でいることなんて不可能なことですが
          せめて心の中ではそうありたいな〜、と思うような。
          世界中が平和になる日・・・なんて永遠に来ないかもしれないけど、
          ”いつかその日が来るかもしれない”って信じる事は大事だな〜、と。
          そして平和を考えることって、夢について語ることに近い。
          本当の意味での平和が訪れる事はありえない、という悟りを打ち消すために
          人は平和について夢想するのかもしれない。

          人類の歴史って
          信じる>無力感にさいなまれる>それでもまた信じる・・・の繰り返しなんだろな。
          そして僕は迷路の途中(笑)
          | ニュース | 20:14 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |
          理由なき
          0
            イラクの旧フセイン政権とアルカイダの協力関係はなかった、
            とする報告が米上院情報委員会で公表されたそうです。

            イラク戦争。
            もっとも状況はいっこうに良くならないし
            開戦前と現在で
            たった一つ間違いなく変わった事って、死者の数が増えたって事だと。
            悲しすぎ。
            アメリカの下にある日本が
            憎しみの連鎖をほどくことなんか出来る訳がない?
            主人に刃向かって「え〜い殺し合いなんて止めろ!」なんて
            どうせ言えないでしょ、とか
            もう
            諦める事には慣れっこになってるんですが
            僕等にはどうすることも出来ないもんね、思いつつも
            ただ単純に、
            爪を切ってたら深爪になったり、
            「この歌のココがイイんだよね〜」とか
            家に帰ったらソッコーシャワー浴びて、間髪入れずビール流し込んだる!
            とか 
            あの娘のこと未だに好きなんだよな〜・・・とか
            状況はチト違えど、
            かの地にもあったであろう、そんな色んないろんな生活の砂金を
            ある日一瞬にして奪われた人たちの思いはどうしたらいいのだろう、とか。
            そんな心配より自分の心配しろ!といわれ
            アッ、そうか・・・といつも現実に引き戻されてるけど
            コレって都合のいい思考停止よねん、とも思ったりするのである。
            ああ悲しき迷路。

            | ニュース | 00:58 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
            僕達のHERO
            0
              夕飯を食べながらテレビを見ていると
              ソフトバンク王監督 腫瘍摘出手術の為休養のニュース。
              先日は
              プロレスリングノアの小橋選手も同様の発表をしていたので
              ちょっと心配です。
              手術の成功を心から祈っております。
              少し時間がかかるのかもしれませんが
              ファンはいつまででも待っていますから・・・。
              | ニュース | 00:02 | comments(0) | trackbacks(2) | - | - |
              ソーリの全員集合
              0
                今、小泉さんとブッシュ大統領の会見があったので見ていたんですけど
                最後にコイズミさん何言うかと思ったら
                「サンキュー アメリカンピーポー フォー ・・・ ラブミーテンダー 」

                ハッハッハ〜!!! 何とも言えない笑いを発するアメリカ人記者。
                ハイ!先生。あの〜率直に言って馬鹿にされてると思いま〜すっ。
                何か言わないと気がすまないのかしら、コイズミさん。

                このタイミングで、
                北朝鮮に新たなメッセージを発してくれると思ったのに。
                拉致被害者ご家族の皆さんだって、
                遅くまで起きて何らかのアクションを期待してたはずですよ。

                僕には「ラブミーテンダー」が「ダメだこりゃ」に聞こえました、ホント。
                ああ、笑えない。 
                | ニュース | 01:56 | comments(2) | trackbacks(1) | - | - |
                アンタ誰?
                0
                  先日ニュース番組で
                  ”英BBCの生放送番組にて、別件の面接の為たまたまスタジオ入り口にいた
                  タクシー運転手がコンピューター専門家と間違われ生放送に出演・・・”
                  の映像を見て笑ってしまった。その焦る表情が妙にカワイかったのでイヒヒ
                  コレってほんとにアクシデントのようですが よく出来たコメディですよ、ある意味。

                  日本でもテレビ番組とかによくその時々の時勢に合わせて、
                  やれ「〜評論家・専門家」とか「〜アナリスト」とか雨後の筍のように出てくる。
                  ホンマかいな と言いたくなる怪しい人がなんと多いことか。
                  2〜3年前に大発生した”北朝鮮のことよ〜く知ってます”系の人とか。
                  「あ〜今稼いでんだな〜この人」と思いながら見てました。
                  それとか選挙特番に出てくる政治評論家。
                  「コレばっかりは蓋を開けてみないとわかりませんねぇ〜」・・・
                  オイオイそんなん誰でも言えるっつーの。
                  こういう”えせ知識人”とかを見ると、いっそ前出の素人さんの方が健全な意見を
                  言えているんではないか?と思うんですがねぇ。
                  | ニュース | 01:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  伝説のVJ
                  0
                    小林克也さんが緊急入院、とヤフートピックスに。う〜ん心配だ。
                    復活したベストヒットUSAを何度か見て、相変わらずの軽妙な語り口にほれぼれ。
                    最新のR&B,hiphopと懐かしいR&R,popsが混在する番組はほとんどないので
                    2006年の今もやはりone&onlyの輝きを持っているプログラム。
                    克也さんのように、カッコよく英語がしゃべれたらなあ、とオモウ。
                    御年65歳とのこと。無理をせず、早く元気になって頂きたいです。
                    | ニュース | 13:40 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |
                    digs own grave
                    0


                      今なにかと話題の電気用品安全法。
                      ”安全を保証する「PSEマーク」のない中古電化製品の販売が
                      今年の4月から順次禁止される”、というもの。
                      法律自体は2001年から施行されていたが、猶予期間5年を経てほとんどの
                      製品に順次適応されるらしい。
                      と、物知りふうに書いてはみましたが、ぶっちゃけ全然知りませんでした、ええ。
                      個人の状況を考えて解りやすく言うと、2001年以前に買った電気製品でPSEマークがないものはリサイクル業者に売ることは出来ない。物的価値はゼロ。(しかし個人売買は可、オークションも可だが出品継続して一年に複数回売買が成立すると事業とみなされる可能性が高い・・・っちゅう曖昧な規定)疑問点も多いです。

                      そもそも最近いろんなミュージシャンの方がメディアに露出して「反対」表明されていてこの法律を知ったようなもの。この法律の問題点は様々あるようですが”普通の人”がその法律の存在を周知していない(いなかった)ことが一番の問題であるような気がします。またどっかで甘い汁吸ってるヤツがいるんじゃないの?って
                      勘ぐりたくなるような広報不十分感・・・。
                      まあギリギリになってミュージシャンなどが騒いでいたビンテージ楽器の規制は
                      除外されるようですが、そのあからさまな対応が逆効果というほかない。
                      ミュージシャンにとっての楽器・アンプ、料理人にとっては包丁やフライパン、様々な業者にとって信頼できる道具は不可欠です。その「こだわり」をお上が法律で規制するのはとてもおかしな話です。
                      まちづくりにしても今回のPSE法にしても、いい意味でアクのあるものを切り離そうとしているように見えます。いつの時代もそうです、その方が管理しやすいですからね。のっぺらぼうな街、のっぺらぼうな音楽、のっぺらぼうな人間を作りたがっているのかもしれません。
                      自分で自分の首を締めている・・・とまで言うのは大袈裟でしょうか?

                      追記・・・「<PSE>マークなしでも販売認める 経産省が4月以降も」24日付 
                      数ヶ月猶予期間が延長されるようです。
                      | ニュース | 01:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |