SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

a day in the life

宮崎市の洋食店、グリル爛漫スタッフ&関係者?の雑記blog
<< オシムジャパン | main | 今週末にも >>
THIS FILM SHOULD BE PLAYED LOUD!
0


    雨の日にはお気に入りのDVDでも・・・
    久しぶりに「ラストワルツ」を観る。
    近年DVD化され、本編がより楽しめるのはもちろん
    R・ロバートソン&監督のM・スコセッシの副音声で
    当時を振り返る解説が聞ける、という
    DVDならではのおいしい内容などが盛りだくさんで
    何回か観ないと味わい尽くせません!(ただでさえ濃いのに・・・)
    ザ・バンドの演奏はまるで豊穣な短編小説を読んでいるような錯覚に陥ります。
    ロックドキュメンタリーとしても一級品。
    あ〜幸せ!
    | 映画 | 22:35 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |









    http://blog.grill-ranman.net/trackback/483848
    「ラスト・ワルツ」
    名作「タクシードライバー」(1976年)や「アビエイター」(2004年)などの作品で知られる米国の名匠、マーティン・スコセッシ監督が1978年に撮ったドキュメンタリー映画「ラスト・ワルツ」(米、116分、ワーナー映画配給)。この映画は米国で16年間、
    | シネマ・ワンダーランド | 2006/08/02 10:06 PM |